2017年09月17日

本日に予定していたミュージックフェスタinマクドナルドならは台風の影響により中止します🌀

🌀本日に予定していたミュージックフェスタinマクドナルドならは台風の影響により
交通機関がストップする可能性を考え、中止になりました。
楽しみにしてくださった方々申し訳ありません🌀
posted by nakai at 09:32| 奈良 ☁| Comment(0) | MUSIC EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

9/14(木)イタリア料理を語る英語クラブ 9/21(木)アメリカワインの魅力 10/22(日)第15回音楽サロン

🌛EU英語クラブ:ルカさんを迎えて〜どうしてイタリア料理🇮🇹が日本人は好きなのか?
■日時 9月14日(木)18:45-20:45 近鉄学園前駅前スタバ上 西部公民館 5階第3講座室
■会費 1500円(学生750円))【初めての参加は無料です】(予約不要)
◎ミラノから世界へ…そして今は奈良の隠れ家カフェのオーナーを迎えての多言語クラブ!
ゲストのジャンルカ・ベルトッリGianluca Bertolliさんはミラノ近郊出身。
1996年ホテルニューオータニ(東京)イタリアンフェアにマネージャとして初来日。
世界各国でVIPのサービス、レストラン統括等。
2010年、生駒の緑に囲まれた隠れ家スポットにイタリアのバールのようなカフェ&レストランをオープン。
http://www.lucafe.jp/sp/
🍝テーマ:どうしてイタリア料理🇮🇹は世界中で愛され、日本人が好きなのか?🍝
その共通点…について。シンプルさとか
みんなはどうしてイタリア料理が好きなの?
好きなイタリア料理は?

🍷岡春樹さんと楽しむ世界のWINE:アメリカワインの魅力…
⏰9月21日(木)18:30-21:30
🍴野菜ダイニング – 采宴 – Saien(近鉄奈良駅から徒歩1分)
http://www.saien-nara.com/
💱会費(飲食ワイン付き)3,500円【定員:22名】(定員に達しましたら締め切ります〜先着順)
💸前日と当日のCANCELは2000円を頂きます❣
《内容》
🇺🇸アメリカは世界有数のワイン大国である。
生産量がフランス🇫🇷、イタリア🇮🇹、スペイン🇪🇸に次ぐ世界第4位であるだけでなく、
近代的葡萄栽培や最新の醸造技術導入によってヨーロッパのワイン大国に負けない上質ワインを造り上げた。
・従来カリフォルニアワインだけが有名だったが、ワシントン州、ニューヨーク州、オレゴン州でも優秀な醸造家が輩出し、
カリフォルニアワインを凌ぐ良質ワインを造りだしている。
・今回は、カリフォルニア州ソノマ地区のワインを中心に、オレゴン州やニューヨーク州のワインも取り上げ、
アメリカワインの魅力を探ってみたい。
 ⇒予約は info@eurokn.com

🎼第15回音楽サロン《Salon des six》🎼
⌚日時 10月22日(日)14:00-16:00
☕ 奈良市高畑町1358-1のカフェ「ろくさろん」
http://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29003676/
・JRまたは近鉄奈良駅から市内循環バス等に乗り破石町(わりいしちょう)下車、徒歩8分
💱無料:ワンオーダー制です☕
♬仲井秀昭(Guitar)とドイツとフランスと日本の詩の朗読(予定)
♬長嶺知永子(語り)今井恵理(作曲とピアノ)
<日本とヨーロッパの“木”をつなぐお話>
・『木の精の話』…佐藤家の昔話(山形)
・『年とったばあやのおはなしかご』より(スイス)…ファージョン作
・『良弁杉』(奈良)
🎹樋口五葉(ピアノ独奏)
1. スカルラッティ           ソナタ ロ短調K.87(L.33)
2. スカルラッティ     ソナタ ト長調K.55(L.335)
3. ショパン        夜想曲 第20番 遺作「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
4. シューマン/リスト編 献呈
5. ヤナーチェク     ピアノ・ソナタ1905年10月1日≪街頭から≫
♬中谷勝彦のSAX(仏国立ルーアン音楽院卒)、今井恵理のPIANO

📻《ランデヴDEなら》アーカイブ Les émissions du Rendez-vous de Nara📻
・岡春樹さんSpain Wineの魅力を語る…
https://soundcloud.com/michaelsuisse/spainwine
・岡春樹さん映画を語る〜岡さんにとって理想の映画とは?
https://soundcloud.com/eriparle/cinema
・仲谷美波《半年で中国語検定最上級に合格した私の言語習得法》
https://soundcloud.com/minamieuropa/chinois
・楽しかったソワレDEならとロビーコンサート&明日の英語クラブetc.について
https://soundcloud.com/rendezvousnara/bis
・中尾知美さんネパールでの1年間の教育支援を終えて〜Nepalの魅力を語る
https://soundcloud.com/tomominepal/nepal
・あなたのワインのイメージを変える!ドイツとオーストリアへの旅…
https://soundcloud.com/okasanradio/allemand-autrichien
・藤田隆彰&川口裕「音楽と楽器への熱い情熱を語る♬」
https://soundcloud.com/eriparlant/fujita-kawaguchi
posted by nakai at 09:58| 奈良 ☔| Comment(0) | 次の集まりはこちら… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

ランデヴDEなら:あなたのワインのイメージを変える!ドイツとオーストリアへの旅…

8月15日は日本人にとって特別な日…。亡くなった人たちへ思いを馳せながら美しいBACHの音楽を…
🍷本日のテーマはドイツとオーストリア・ワイン。日本人が最初に好きになるワインです。実は…元々ワインはすべて白で甘口だった(イメージと違うよね?)。赤白の区別がはっきりが出来たのは容れ物の関係(樽だと色が見えない)。昔は年間一人あたり120リットルも、つまり麻から一日中飲んでいたそうな(水代わり)。その後、レストランが出来て料理と合わすようになったのと、19世紀になって瓶で保存するようになり腐りにくくなったから色にも注目するようになった。

🍷世界が辛口の赤を主に生産するなかで、ドイツだけはかつての「甘口の白」の伝統が残っている。ただし、オーストリアはドイツと違い辛口の白が多い(アルザスに似てる)。そして、1980年代から全世界的に辛口ブーム。85年から赤ワインが健康に良いと爆発的人気…。で、ドイツは困った💧ドイツの醸造家がフランス修行してピノ・ノワール(気難しい品種だが寒い土地に向いている)等を取り入れたりする。
🍷オーストリアのワイン産地は東部に偏っている。現在は小国だがかつては大帝国でハンガリー等ワインの産地は帝国の中の産地だった。
🍷ワインのイメージ(カラー)は赤だと思っていたのに…。米と言ったら白いと(現在)思うようなものかな?
🎵ドイツ・オーストリアは音楽好きにとっては特別な場所。モーツァルトやバッハも年間120リットル飲んでたのかな。
🍷両国とも2千年近いワインの歴史があるけどローマの兵隊が持ってきた。ライン川の西側にストラスブールとかマンハイムとかボンとかケルンとかローマ軍が砦を築き、葡萄を育て、月に一回橋を作って対岸のゲルマン人にワインを売った。ローマが崩壊したあとはカトリックの修道僧がワインを作りその銘柄が現在も残っている。
🍷世界のワインの旅(EU協会のワイン会)はちょうど旅程の半分。9月にはワイナリー見学に。9月のワイン会はアメリカワインをテーマに。アシスタントの布惠さんは旅の途中でソムリエールなった👏 布惠さんにとっても世界のワインを実際に口に出来る貴重な機会。

📻 放送はInternetで聴けます⇒

🎼Overture (Suite) No. 3 in D Major, BWV 1068: II. Air, "Air on G String" (arr. for violin and orchestra) (The 13th track in album 8.550194 "BACH, J.S.: Violin Concertos, BWV 1041-1043 (Nishizaki)")

🎼Wolfgang Amadeus Mozart
Divertimento in D Major for horns and strings K.334
1. Allegro
Artist: Musicians from Marlboro
The Isabella Stewart Gardner Museum, Boston
www.gardnermuseum.org
ラベル:ワイン
posted by nakai at 19:00| 奈良 ☁| Comment(0) | ならどっとFM:ランデヴDEなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

ミュージックフェスタinマクドナルドなら:人と音を繋ぐ場所で作って、歌おう♬

🎵Music Festa in McDonald's in Nara:音楽を通してたくさんの人たちと繋がりたい…☆彡
■日時:8月20日(日)14:00-17:00〜グランドピアノのちかくにフラッと来てね…
■会費:無料(飲食費は別途)
■場所:マクドナルド奈良店(近鉄奈良駅下車、東向き商店街の中ほど)
https://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29005244/
💫2011年4月の東日本大震災チャリティコンサートから毎月開催
🎸若い歌い手たちが自分で作った歌を熱唱する…

posted by nakai at 13:07| 奈良 ☁| Comment(0) | MUSIC EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

ランデヴDEなら:電子音楽作曲家の檜垣智也氏〜一期一会の音の環境を目指して〜

以前寒い時期に続いて再び電子音楽の作曲家の檜垣智也氏を迎える(実は収録は2月❄)。奈良の瑜伽神社でのユニークなコンサート(客のスマホを使う)。音楽以外に「環境・自然を発見する」機会となった。https://goo.gl/m5R9nM

音楽以外いつも全部違う(客やホールや日にちや機嫌や気持ち…)。音楽家はLIVEを大事にし「一期一会」に集中する。フランスでの演奏ではホール中の窓を開けてもらったら曲が終わった瞬間にバイクがタイミング良く通り過ぎたり、愛知県立芸術大学50周年コンサートでは渡り廊下にマイクを吊るして学生の話し声を取り込んだり…。
2011年の「なら音楽の祝祭」(奈良県とEU協会の共催)http://www.pref.nara.jp/secure/73646/syukusai.pdf で奈良国立博物館仏教美術資料研究センターでのコンサートで檜垣氏に出演して頂いた時の建物の美しさと檜垣氏の音楽と自然の光による予想しなかった空間が実現。音楽祭は苦労もあったが素晴らしい音楽の機会となった。檜垣氏は京都の大学で定期的にコンサートを開催してる。
檜垣氏は音楽以外には「無趣味」が悩み。すべてを自分が音楽を作るために集中させる。音だけでなく目で見るものも音楽のために。家族も創作のネタに。近年はワークショップに加え、映画とのコラボ。「音から作る映画」という七里圭監督のプロジェクト『サロメの娘』に関わる。
http://keishichiri.com/jp/events/salome/
監督とはほとんど打合せしない。上映後もコンピュータで作り変えを繰り返す。七里監督とはプロセスについて話し合うことはないが美意識を信頼しあっているので可能。
檜垣氏は私生活では料理を良くする。料理の面白さと出来たものを褒められること。簡単には感想言いにくい音楽をしているのでもっと複雑。料理の味見はしない。
檜垣智也作曲と演奏『入院患者たち』から https://goo.gl/zKtjVn
七里圭監督とのプロジェクト『入院患者たち』を聴く。詩と音と映像による電子音楽作品。6面のプロジェクターと10台のオープンリールのレコーダーを使って別々の音を同時に再生。言葉もコンピューターの音声読み上げ機能を使う。映像は人間がオリジナルの体操する。客は自分の身体が消失した感覚になる。

📻 放送はInternetで聴けます⇒

🎼Maurice Ravel
Sonata for Violin and Piano (1923) 1st mvt : Allegretto
Artist: Benjamin Beilman, Alessio Bax
The Isabella Stewart Gardner Museum, Boston
www.gardnermuseum.org
🎼檜垣智也作曲と演奏『入院患者たち』から
http://kojiks.sakura.ne.jp/higaki.html
posted by nakai at 19:00| 奈良 ☀| Comment(0) | ならどっとFM:ランデヴDEなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

奈良フランス語クラブ:都市計画の専門家が語る「3つの分野における日仏の文化の違い」

奈良フランス語クラブ:アンドレ・アンジェイ氏…都市計画の専門家が語る「3つの分野における日仏の文化の違い」
⏰日時:7月20日 (木)18:45-20:45
近鉄学園前駅スタバ上西部公民館部屋5階第1講座室🏢【通訳:仲井秀昭】
👝会費:1500円(学生750円)【初めての参加は無料です】(予約不要)
André Andjey氏はパリ第8大学(DEA)で都市計画を専攻。
・京都大学防災研究所で都市防災Prévention des risques dans la villeを
・日仏会館(Maison Franco-Japonaise)で日本都市計画Théorie de la villeを研究。
・比較都市論(パリ、東京、京都、大阪、名古屋)、中世建築Architecture du Moyen Âge、
・中世フランス・ロマネスク建築L'architecture romane en France等の研究。
今回のテーマは「3つの分野における日仏の文化の違い」です。
日本とフランスの文化的な違いに大きな影響を与えた3つの分野:それらは1)自然の制約(森や砂漠、寒さ、乾燥や山とか人間が住むのに障害となるもの)、2)宗教、3)文字
"Je parlerai , à Nara, surtout de 3 domaines qui ont exercé une forte influence sur les différences culturelles entre le Japon et la France : ce sont : 1) les contraintes naturelles, 2) la religion , 3) l’écriture."
posted by nakai at 12:58| 奈良 ☁| Comment(0) | フランス語&多言語クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/20(木)フランス語クラブ「空間の中に人間がいる」8/4(金)英語クラブ「Joachimと語る夏の思い出」?

フランス語クラブ…前日のお知らせになってしまいました…前回好評だったので…ぜひ…(^。^)

❣語学CLUBははじめての参加は💱無料です❣

🌛奈良フランス語クラブ:アンドレ・アンジェイ氏…都市計画の専門家が語る「空間の中に人間がいる」
⌚日時:7月20日 (木)18:45-20:45
■近鉄学園前駅スタバ上西部公民館部屋は5階第1講座室🏢【通訳:仲井秀昭】
■会費:1500円(学生750円)【初めての参加は無料です💫】(予約不要)
👩André Andjey氏はパリ第8大学(DEA)で都市計画を専攻。
・京都大学防災研究所で都市防災Prévention des risques dans la villeを
・日仏会館(Maison Franco-Japonaise)で日本都市計画Théorie de la villeを研究。
・比較都市論(パリ、東京、京都、大阪、名古屋)、中世建築Architecture du Moyen Âge、
・中世フランス・ロマネスク建築L'architecture romane en France等の研究。
☆今回のテーマも「空間について」です。
…ですが「空間」だけども「中に人間がいる」というテーマでお話ししてくださいます。
具体的には:人について、フランスでの父の働き・母の働き、仕事のこと、家庭のこと、社会のこと…etc..
今度もまた、アンジェイ先生の深い考察をお聞きして、自分では思いもよらなかった新しい発見があるかもしれない…と思うと本当に楽しみです。

🌛EU英語クラブ:ミュンヘン出身の元銀行員で英語の先生Joachimさんを迎え
■日時 8月4日(金)18:45-20:45 近鉄学園前駅前スタバ上 西部公民館部屋未定
■会費 1500円(学生750円))【初めての参加は無料です💫】(予約不要)
■GUEST: Mr. Joachim Grindl(ヨアヒム・グリンドルさん)
・ヨアヒムさんはドイツのミュンヘン出身の元銀行員で、現在はご結婚され、生駒市にお住まいで、
生駒市の4つの公立中学校で英語の先生をされています。
☆今回のテーマは考え中ですが…夏が来れば思い出す〜♪「私の思い出の夏」とか?

🎵Music Festa in McDonald's in Nara:音楽を通してたくさんの人たちと繋がりたい…☆彡
■日時:8月20日(日)14:00-17:00〜グランドピアノのちかくにフラッと来てね…
■会費:無料(飲食費は別途)
■場所:マクドナルド奈良店(近鉄奈良駅下車、東向き商店街の中ほど)
https://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29005244/

✡ソワレDEなら:あの!高島眞貴子さんがいままでの活動を語ります…どうやって?その原動力?
そして…朗読(語り)高島眞貴子+仲井秀昭のGuitarでサン=テグジュペリ作“Le Petit Prince”(三野博司訳)
⌚日時 8月24日(水)18:30- 近鉄学園前駅前スタバ上 西部公民館部屋未定
(2部)20:00- パラディ学園前南館4F スリランカ料理の《ハンターナ》
http://www.hanthana.com/index.htm カレーバイキングなのでたっぷり食べられますよ(๑´ڡ`๑)
■会費 2200円【食事付き】(なんと!カレーは眞貴子さんのリクエスト🍛)
☆申込みは⇒ info@eurokn.com

📻ならどっとFM《ランデヴDEなら》毎週火曜日の19時〜19時半(^^)v
⇒放送はInternetで聴けます http://www.jcbasimul.com/?radio=narafm
→スマホではこちらのアプリで http://tunein.com/ 「なら」で検索
・7/25:MusiKaさんとヒロさん《ギタスナフェス2017》の魅力を語る…ギタスナって…?聴いてみよう
https://guitarsnapsfestival.wixsite.com/gsfes
・8/8:高島真喜子&吉田洋子:ろくさろん、Les amis de la France、英語クラブwith Johnna…とか
posted by nakai at 11:52| 奈良 ☁| Comment(0) | 次の集まりはこちら… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

ランデヴDEなら:藤田隆彰&川口裕「音楽と楽器への熱い情熱を語る♬」

2017ギタースナップスフェスティバル実行委員長の藤田隆彰(たかあき)さんとシンガーソングライターの川口裕(ひろ)さん招いて…。
https://guitarsnapsfestival.wixsite.com/gsfes
http://kawaguchihiro.tumblr.com/
「ギタースナップス」て何?街角でギターの写真を録りまくる。街をケースに入れて楽器を持っている人に声掛けて「すみません…この場で楽器を出して写真を撮らせてくだささい」と(なんと)初めての人に声を掛ける。
怪しまれるが…快く引き受けてくれる人が多く今で…780人(その第1号は川口さん)。コンセプトは多くの人が楽器やっていることを紹介したいこと。元々は演奏するより楽器そのものに興味。仕事や子育てで楽器止める人が多く楽器を持っている姿を残し仲間として繋がりたい。自分はギターに手を入れて楽しむ。ギターは楽器以上の存在(「相棒」)。
川口さんと藤田さんは中学の部活の先輩後輩(ブラスバンドのチューバ仲間)。川口さんは当時チューバ用の曲を作ったりいつか作曲したいと思った。共通の友人の結婚式で藤田さんがギターを作っていると聞いて連絡取ったが再会のキッカケ。その後共にバンド活動。川口さんは現在までに100曲以上を作曲(20年間で)。そのあいだに内容も変化…。
🎼川口裕さんの生演奏で川口裕作詞作曲の『ランドスケープ』
今井の歌の感想。曲作り、特に歌詞作りについての苦労や喜び。思っていることを言葉にする苦労とそれが伝わる喜び。川口さんが子供の頃から初めて感動したのは音楽だったのでそれが今にも繋がっている。バンドメンバーは想像以上に自分の曲を演奏してくれるのでとても楽しく幸せな瞬間。藤田さんは川口さんのバンドを客として見て一緒に出来たらいいな!と思って、川口さんは藤田さんがベースをやっているのを聞いて一緒にやってくれたらいいのにと思っていた!!
ギタスナフェス2017(入場無料)について。
https://twitter.com/gitasunafes

📻 放送はInternetで聴けます⇒

🎼オープニングは川口裕『チャームポイント』より『チャームポイント』(作詞作曲:川口裕)、エンディングは同じく『ランドスケープ』
Pirosampo PRSM-31501
posted by nakai at 19:00| 奈良 ☁| Comment(0) | ならどっとFM:ランデヴDEなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

ランデヴDEなら:楽しかったソワレDEならとロビーコンサート&明日の英語クラブetc.について

💫EU協会の催しを紹介する。
・6/7(水)の《ソワレDEなら》について。声楽家の齋藤尚希氏を迎えて。担当の榮井布惠の報告。ドイツ歌曲がレパートリーの中心であるが合唱の活動も多岐にわたって。多くの質問が飛び交ってだった雰囲気だった。出席していた吉田と高島が感想。自己紹介代わりに1曲。出会いと人生の転機。

🎵声の出し方。発声と体格の関係。あと何曲か歌ってもらう(一緒に口ずさむ人も)。ワイン会の時の会員のリクエストに応えて。公民館であることを忘れそうなくらい素晴らしい声。歌は声に良いがおしゃべりは悪いと言われ身につまされる…。体調管理に気を使っていること。
🎵🎵音楽祭について。6月に音楽祭をすることになった経緯。生駒市立病院でのコンサートについて。1部は長嶺知永子さんの見事なお話。お話、語りというスタイルについて(高島も6月に高畑町のカフェで演奏)。素晴らしいピアノ伴奏をEU協会の今井恵理。「木」をテーマにした3つのお話。朗読と語りの違い。後半は京とりこ(柚木たまみさんのソプラノ、西村美香さんのフルート、あべありかさんのピアノ)の美しい演奏で親しみ深い日仏の名曲。入院している人たちも耳を傾けていた。
👩7/12(水)の英語クラブについて。 Johnna Slabyという若い在日アメリカ人。アートと音楽家。EU協会の大震災チャリティコンサートにも出演してTVニュースにも出る。英語クラブではアートについて語る。
🍷7月後半のワイン会について。ドイツ&オーストリアの銘醸ワイン。ドイツワインは「甘い」白ワイン。7月のフランス語クラブについて。5月に続き都市計画の専門家のアンドレ・アンジェイ氏の予定。EU協会の検索方。ソワレDEならについて。日程は未定だが6月の英語クラブのゲストのネパール出身のアディの奥さん(日本人)に来て頂く予定。「違う世界」の話?

📻 放送はInternetで聴けます⇒

🎼Johann Sebastian Bach
Trio Sonata in G Major for flute, oboe, and continuo, BWV 1039
Artist: Andreas Brantelid, John Gibbons, Paula Robison, Steven Taylor
The Isabella Stewart Gardner Museum, Boston
www.gardnermuseum.org
🎼プッチーニ作曲『トゥーランドット』より《誰も寝てはならぬ》テノール独唱:齋藤尚希 
🎼ナポリ民謡《サンタ・ルチア》テノール独唱:齋藤尚希
プッチーニ作曲『トゥーランドット』より《誰も寝てはならぬ》テノール独唱:齋藤尚希 
🎼ベートーヴェン作曲’《イッヒ・リーベ・ディッヒ》テノール独唱:齋藤尚希 
〜EU協会の催し“ソワレDEなら”で収録(@奈良市西部公民館)〜
続きを読む
posted by nakai at 19:00| 奈良 ☁| Comment(0) | ならどっとFM:ランデヴDEなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする