2017年10月18日

奈良フランス語クラブ:リヨン出身のカミーユたちを囲んで…

フランスの美しい街、リヨンにある、理工系高等教育機関の一つで、欧州における高等教育機関の中心的存在となっている学校で土木工学を学んだCamilleが友人とともにまた来てくれます。日本が好きで日本語も熱心に勉強していたのが印象的です☆彡
気楽に話しましょう。通訳ありです。
■日時 10月20日(金)18:45-20:45 近鉄学園前駅前スタバ上 西部公民館 5階第4講座室
■会費:1500円、学生750円【初めての参加は無料です】(予約不要)
------------------
(2013年10月にもらったMAILから…)
僕はリヨン人です(リヨンはフランスでも2番目か3番目に大きな町)。
29歳で、
国立インサ工科大学リヨン校(※INSA Lyon:その教育・研究において高く評価されている
フランス理工系高等教育機関の一つで、その国際性は高く、欧州における高等教育機関の
中心的存在となっている学校)で学びました。
専門は土木工学です。
6年前からセテック(※フランスに本拠地を置く、同国内最大の建設コンサルタント会社)で
働いています。 http://www.setec.fr/
僕は橋とトンネルの設計をしています。
趣味は演劇(アマチュア劇団に入ってます)、ジョギング、ボードゲーム、映画、etc...
山登りも大好きです。
A bientôt
ゲストのCamille Azencott(カミーユ・アゼンコット)さん。
posted by nakai at 13:41| 奈良 ☁| Comment(0) | フランス語&多言語クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

【奈良県大芸術祭参加】第15回音楽サロン《Salon des Six》

🎼第15回音楽サロン《Salon des six》🎼
⌚日時 10月22日(日)14:00-16:30
☕ 奈良市高畑町1358-1のカフェ「ろくさろん」
http://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29003676/
・JRまたは近鉄奈良駅から市内循環バス等に乗り破石町(わりいしちょう)下車、徒歩8分
💱無料:ワンオーダー制です☕

♬長嶺知永子(語り)今井恵理(作曲とピアノ)
<日本とヨーロッパの“木”をつなぐお話>
・『木の精の話』…佐藤家の昔話(山形)
・『年とったばあやのおはなしかご』より(スイス)…ファージョン作
・『良弁杉』(奈良)

🎹樋口五葉(ピアノ独奏)
1. スカルラッティ  ソナタ ロ短調K.87(L.33)
2. スカルラッティ    ソナタ ト長調K.55(L.335)
3. ショパン       夜想曲 第20番 遺作「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
4. シューマン/リスト編 献呈
5. ヤナーチェク     ピアノ・ソナタ1905年10月1日≪街頭から≫

♬高島眞貴子(朗読)&仲井秀昭(Guitar)
立原道造『優しき歌 II』
序の歌
I 爽やかな五月に
II 落葉林で
III さびしき野辺
IV 夢のあと
V また落葉林で
VI 朝に
VII また昼に
VIII 午後に
IX 樹木の影に
X 夢見たものは……
---------------------
『野ばら』Heinrich Warner
『舟歌』N. Coste
『月光』F. Sor
"Sonatina" N. Paganini
『ラグリマ(涙)』F. Tárrega

♬中谷勝彦のSAX(仏国立ルーアン音楽院卒)、今井恵理のPIANO
・この道(作曲:山田耕筰 作詞:島津秀雄)
・アリオーソ(Johann Sebastian Bach)
・愛の小径 LES CHEMINS DE L'AMOUR(Francis Poulenc)
・嘆きのセレナータ Serenata rimpianto(E. Toselli)
・Emily Valse Fantasie(J.Gerewich)

樋口 五葉 Itsuha Higuchi [Piano](14時半〜)

桐朋学園大学短期大学部(現桐朋学園芸術短期大学)芸術科音楽専攻卒業。
同大学短期大学部専攻科音楽専攻修了。定期演奏会、卒業演奏会に出演。
ウィーン国立音楽大学ピアノ演奏科コース学士課程卒業。

第2回、第3回日本ピアノ教育連盟オーディションでそれぞれ奨励賞受賞。
第3回オーディション本選出場。
日本ピアノ教育連盟関西支部主催による、故E・ピヒト=アクセンフェルト教授の公開レッスンを受講。
日墺文化協会フレッシュコンサート2001、第21回アゼリア推薦新人演奏会、姫路市パルナソスホール第10回フレッシュコンサートに出演。
奈良県秋篠音楽堂2007年度「秋篠ユング・ムジカ」オーディションに合格、秋篠ユング・ムジカ第6期生として一年間、活動する。
リサイタル、ジョイントリサイタルを開催する他、クラクフ室内管弦楽団と共演。
現在、ピアノソロ、室内楽、伴奏の各分野で活動を行っている。
これまでに、金澤佳代子、小林仁、中村悦子、大島正泰、柴沼尚子、角野怜子、ローラント・ケラー、リヒャルト・フランクの各氏に師事。
ヘルムート・ドイチュ氏に歌曲伴奏の指導を受ける。
リスト協会スイス・日本会員、音楽愛好家協会「こんごう」音楽家会員。
----------------------------------
Program

1. スカルラッティ  ソナタ ロ短調K.87(L.33)
D. Scarlatti Sonata in B minor, K.87(L.33)

2. スカルラッティ    ソナタ ト長調K.55(L.335)
D. Scarlatti Sonata in G major, K.55(L.335)

3. ショパン       夜想曲 第20番 遺作「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
 F.Chopin Nocturne No.20, Op.Posth. “Lento con gran espressione”

4. シューマン/リスト編 献呈
 R.Schumann/F.Liszt Widmung

5. ヤナーチェク     ピアノ・ソナタ1905年10月1日≪街頭から≫
 L. Janáček Klaviersonate 1.X.1905 ≪Von der Straße≫
            第1楽章:予感
                 Die Ahnung
          第2楽章:死
                 Der Tod

posted by nakai at 17:33| 奈良 ☁| Comment(0) | MUSIC EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【奈良県大芸術祭参加】EUミュージックフェスタinマクドナルドなら

🎵75th Music Festa in McDonald's in Nara🎵音楽を通してたくさんの人たちと繋がりたい…☆彡
■日時:10月15日(日)14:30-17:00〜グランドピアノのちかくにフラッと来てね…
■会費:無料(飲食費は別途)
■場所:マクドナルド奈良店(近鉄奈良駅下車、東向き商店街の中ほど)
https://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29005244/
🎼14:30〜15:00 ジョウカダイゴ
🎼15:00〜15:30 竹ちなみ
🎼15:30〜16:00 フクイヒロキ
🎼16:00〜16:30 佐々木晃生
🎼16:30〜17:00 ZORO

【ZOROさん】(16時台後半)
26歳でジャズに出合い
トランペットを吹き始める。
その後、39歳で奈良にて
ジャズバンド『ぶうどりあん』を結成。
その後50歳でギター弾き語りを始める。
フォーク・ポップス・演歌・アニソン・等々。
出演イベントによりジャンルに関係なく
色々な曲を歌っています。
全国のライブハウスや各種イベントにて
ジャズ・弾き語り共に活動中。
活動は年間200本程度。
信条は『屋台風味の唄うたい』

〜当日のセットリスト(予定)〜

・空
・がんばれの唄
・あなたを初めて抱きしめた夜に
・万灯籠
・一人旅


posted by nakai at 17:30| 奈良 ☁| Comment(0) | MUSIC EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

10/13(金)英語クラブです…Caitoと“迷信”を語りましょうヽ(*^ω^*)ノ

・みなさまへ…ギリギリになって申し訳ありませんヽ(*^ω^*)ノ
英語クラブのお知らせです。
カイトさんが10月13日に英語クラブに来てくださいます。

◎英語クラブ:Caito Battibugliさん☆彡
■日時 10月13日(金)18:45-20:45 近鉄学園前駅前スタバ上 西部公民館5階【第4講座室】
■会費 1500円(学生750円)(予約不要)【はじめての参加は無料です!】

・今回のThemeは superstition…迷信(めいしん)です。

今回はちょうど(^_^;)13の金曜日に、英語クラブがあることになりましたので、このテーマはどうかな?と選んでみました。(たとえば、13日の金曜日は結婚式にはふさわしくないとか。)それから、
2つめのTheme は、
人の性格は血液型と関係があると、日本では広く信じられている。
これは迷信と関係があるのかな?
皆さんはどう思われますか?どうぞご意見をお聞かせください。
Caitoさんもブラジルでの迷信などについて調べてきて、ご自身の見解をお話してくださいます。
面白そうです〜〜(*^^*)

みなさまのお越しをお待ちしております
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶♡

 ◆Caito Battibugli(カイト・バッチブグリ)さん(Brazil・Campinas出身、奈良市在住)
1978年8月イタリア系移民の家族のもとブラジルに生まれ
10歳からESL(英語を母国語としない人のための学習)を通じて英語学習を始める。
移民である家族の影響で、幼い頃から国や文化を越えて人と交流したいと考えていたため英語
学ぶ事はその思いを実現するために、とても重要なものとなる。
その後、ブラジルにてIBMやフォルクスワーゲンなどの外資系企業で、
世界の企業と関わる仕事に従事する。
この中で、世界中の人と英語を使い、コミュニケーションすることのすばらしさを再認識する。
20代前半からブラジルで英語の指導を始め、英語を教える楽しさに目覚める。
働きながら大学でビジネスについて学ぶ。
自身の視野を広げる目的で、2005年に来日。
日本文化を学び始めて直ぐに、一般的に日本の人々は英語でのコミュニケーションが
苦手であり、外国人そのものに苦手意識があることに衝撃を受ける。
そのことに大きな好奇心を持ち、この実情を変え、英語学習の楽しさを
多くの日本人に知ってもらう事で、英語をもっと身近なものにしたいと考える。
日本の文化、日本人のマインドを知り日本語を習得する。
日本に根を下ろすことを決意し、永住権を取得。
自らの情熱を実現するために、"CoZy English School" を創設。
http://www.englishcozy.com/
https://www.facebook.com/cozyenglishschool/
posted by nakai at 21:45| 奈良 ☀| Comment(0) | EU英語クラブ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

松原容子さん:アーチスト、モナコ公妃、フランス総領事…多くの人との出会いを通して学んだこと


📻今週もコーディネーターの松原容子さんを囲んでの楽しいトーク。
11月に来日するフランスのアーチスト(Ivan Sigg氏)について。
https://fr.wikipedia.org/wiki/Ivan_Sigg
フランスを代表する新聞の1つ「ル・モンド」にデッサンを描いたり(1995-2007年)、シドニー五輪のフランスのポスターの作者だったり…
画風は枠が取り払われた自由な表現。松原さんとSigg氏との出会いは?デッサン・ド・プレス(dessin de presse)とは?名刺に描かれたSigg氏の作品を見ての恵理さんの感想、松原さんの解説…。松原さんの教室での講演会の様子…。
http://blog.decouverte.jp/article/179901714.html
http://blog.decouverte.jp/article/179961407.html
👰モナコ大公・公妃(元女優のグレース・ケリー)の通訳をされた時のグレース公妃の印象と意外なエピソードとは?(なんと)おしのびで有馬温泉に行かれ、思わぬ遭遇をされたそうです。
🇫🇷松原さんが在大阪・神戸フランス総領事の秘書をされていた時のこと。当時の総領事から学んだことは?それを現在、教室で生徒に伝えようとしているそうです。食事会の座席の配置の発想は日仏で(だいぶ)違うそうです。フランスの「自由」とは?そして(意外な)人への気遣い。
⚠ここで工事が始まりました⚠ 先週(9/26)の収録も(実は)近くの街角のシャッター前で(立って!)したのでした。再びシャッター前へ…
🎹恵理さんがドイツ総領事館を訪問した時の思い出を語ります。奈良県の音楽祭の立ち上げの時に訪れたのでした。フランスとドイツの関係について(EUに繋がってゆく)。
🍷ところで、松原さんがワインエキスパートになったきっかけとは?(松原さんオススメのワインを飲もうと再び教室に戻って…)総領事の秘書としての仕事は緊張感があり(思わず)寡黙になることも…。でも、むしろ良い経験があってより勉強しようと思った。良い通訳をするためには、瞬時にして相手の言いたいことをつかみ、総合的にものを見る力が必要。事前に用意された資料にない会話があることもその場で処理しなくてはならならず、通訳は経験を積めば積むほどよくなるそうです。
⏳(ここで)何事もタイミングが重要と恵理さん。松原さんはメールをもらったら(とりあえず)一報を入れるようにするそうです。「便りのないのは良い便り」と仲井理事長。

📻 放送はInternetで聴けます⇒ https://soundcloud.com/eri2017/yoko-interprete/

🎼Master of the Feast by Kevin MacLeod is licensed under a Attribution 3.0 International License.
🎼Parisian by Kevin MacLeod is licensed under a Creative Commons Attribution License.
posted by nakai at 19:00| 奈良 ☔| Comment(0) | ならどっとFM:ランデヴDEなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

本日に予定していたミュージックフェスタinマクドナルドならは台風の影響により中止します🌀

🌀本日に予定していたミュージックフェスタinマクドナルドならは台風の影響により
交通機関がストップする可能性を考え、中止になりました。
楽しみにしてくださった方々申し訳ありません🌀
posted by nakai at 09:32| 奈良 ☁| Comment(0) | MUSIC EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

9/14(木)イタリア料理を語る英語クラブ 9/21(木)アメリカワインの魅力 10/22(日)第15回音楽サロン

🌛EU英語クラブ:ルカさんを迎えて〜どうしてイタリア料理🇮🇹が日本人は好きなのか?
■日時 9月14日(木)18:45-20:45 近鉄学園前駅前スタバ上 西部公民館 5階第3講座室
■会費 1500円(学生750円))【初めての参加は無料です】(予約不要)
◎ミラノから世界へ…そして今は奈良の隠れ家カフェのオーナーを迎えての多言語クラブ!
ゲストのジャンルカ・ベルトッリGianluca Bertolliさんはミラノ近郊出身。
1996年ホテルニューオータニ(東京)イタリアンフェアにマネージャとして初来日。
世界各国でVIPのサービス、レストラン統括等。
2010年、生駒の緑に囲まれた隠れ家スポットにイタリアのバールのようなカフェ&レストランをオープン。
http://www.lucafe.jp/sp/
🍝テーマ:どうしてイタリア料理🇮🇹は世界中で愛され、日本人が好きなのか?🍝
その共通点…について。シンプルさとか
みんなはどうしてイタリア料理が好きなの?
好きなイタリア料理は?

🍷岡春樹さんと楽しむ世界のWINE:アメリカワインの魅力…
⏰9月21日(木)18:30-21:30
🍴野菜ダイニング – 采宴 – Saien(近鉄奈良駅から徒歩1分)
http://www.saien-nara.com/
💱会費(飲食ワイン付き)3,500円【定員:22名】(定員に達しましたら締め切ります〜先着順)
💸前日と当日のCANCELは2000円を頂きます❣
《内容》
🇺🇸アメリカは世界有数のワイン大国である。
生産量がフランス🇫🇷、イタリア🇮🇹、スペイン🇪🇸に次ぐ世界第4位であるだけでなく、
近代的葡萄栽培や最新の醸造技術導入によってヨーロッパのワイン大国に負けない上質ワインを造り上げた。
・従来カリフォルニアワインだけが有名だったが、ワシントン州、ニューヨーク州、オレゴン州でも優秀な醸造家が輩出し、
カリフォルニアワインを凌ぐ良質ワインを造りだしている。
・今回は、カリフォルニア州ソノマ地区のワインを中心に、オレゴン州やニューヨーク州のワインも取り上げ、
アメリカワインの魅力を探ってみたい。
 ⇒予約は info@eurokn.com

🎼第15回音楽サロン《Salon des six》🎼
⌚日時 10月22日(日)14:00-16:00
☕ 奈良市高畑町1358-1のカフェ「ろくさろん」
http://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29003676/
・JRまたは近鉄奈良駅から市内循環バス等に乗り破石町(わりいしちょう)下車、徒歩8分
💱無料:ワンオーダー制です☕
♬仲井秀昭(Guitar)とドイツとフランスと日本の詩の朗読(予定)
♬長嶺知永子(語り)今井恵理(作曲とピアノ)
<日本とヨーロッパの“木”をつなぐお話>
・『木の精の話』…佐藤家の昔話(山形)
・『年とったばあやのおはなしかご』より(スイス)…ファージョン作
・『良弁杉』(奈良)
🎹樋口五葉(ピアノ独奏)
1. スカルラッティ           ソナタ ロ短調K.87(L.33)
2. スカルラッティ     ソナタ ト長調K.55(L.335)
3. ショパン        夜想曲 第20番 遺作「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
4. シューマン/リスト編 献呈
5. ヤナーチェク     ピアノ・ソナタ1905年10月1日≪街頭から≫
♬中谷勝彦のSAX(仏国立ルーアン音楽院卒)、今井恵理のPIANO

📻《ランデヴDEなら》アーカイブ Les émissions du Rendez-vous de Nara📻
・岡春樹さんSpain Wineの魅力を語る…
https://soundcloud.com/michaelsuisse/spainwine
・岡春樹さん映画を語る〜岡さんにとって理想の映画とは?
https://soundcloud.com/eriparle/cinema
・仲谷美波《半年で中国語検定最上級に合格した私の言語習得法》
https://soundcloud.com/minamieuropa/chinois
・楽しかったソワレDEならとロビーコンサート&明日の英語クラブetc.について
https://soundcloud.com/rendezvousnara/bis
・中尾知美さんネパールでの1年間の教育支援を終えて〜Nepalの魅力を語る
https://soundcloud.com/tomominepal/nepal
・あなたのワインのイメージを変える!ドイツとオーストリアへの旅…
https://soundcloud.com/okasanradio/allemand-autrichien
・藤田隆彰&川口裕「音楽と楽器への熱い情熱を語る♬」
https://soundcloud.com/eriparlant/fujita-kawaguchi
posted by nakai at 09:58| 奈良 ☔| Comment(0) | 次の集まりはこちら… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

ランデヴDEなら:あなたのワインのイメージを変える!ドイツとオーストリアへの旅…

8月15日は日本人にとって特別な日…。亡くなった人たちへ思いを馳せながら美しいBACHの音楽を…
🍷本日のテーマはドイツとオーストリア・ワイン。日本人が最初に好きになるワインです。実は…元々ワインはすべて白で甘口だった(イメージと違うよね?)。赤白の区別がはっきりが出来たのは容れ物の関係(樽だと色が見えない)。昔は年間一人あたり120リットルも、つまり麻から一日中飲んでいたそうな(水代わり)。その後、レストランが出来て料理と合わすようになったのと、19世紀になって瓶で保存するようになり腐りにくくなったから色にも注目するようになった。

🍷世界が辛口の赤を主に生産するなかで、ドイツだけはかつての「甘口の白」の伝統が残っている。ただし、オーストリアはドイツと違い辛口の白が多い(アルザスに似てる)。そして、1980年代から全世界的に辛口ブーム。85年から赤ワインが健康に良いと爆発的人気…。で、ドイツは困った💧ドイツの醸造家がフランス修行してピノ・ノワール(気難しい品種だが寒い土地に向いている)等を取り入れたりする。
🍷オーストリアのワイン産地は東部に偏っている。現在は小国だがかつては大帝国でハンガリー等ワインの産地は帝国の中の産地だった。
🍷ワインのイメージ(カラー)は赤だと思っていたのに…。米と言ったら白いと(現在)思うようなものかな?
🎵ドイツ・オーストリアは音楽好きにとっては特別な場所。モーツァルトやバッハも年間120リットル飲んでたのかな。
🍷両国とも2千年近いワインの歴史があるけどローマの兵隊が持ってきた。ライン川の西側にストラスブールとかマンハイムとかボンとかケルンとかローマ軍が砦を築き、葡萄を育て、月に一回橋を作って対岸のゲルマン人にワインを売った。ローマが崩壊したあとはカトリックの修道僧がワインを作りその銘柄が現在も残っている。
🍷世界のワインの旅(EU協会のワイン会)はちょうど旅程の半分。9月にはワイナリー見学に。9月のワイン会はアメリカワインをテーマに。アシスタントの布惠さんは旅の途中でソムリエールなった👏 布惠さんにとっても世界のワインを実際に口に出来る貴重な機会。

📻 放送はInternetで聴けます⇒

🎼Overture (Suite) No. 3 in D Major, BWV 1068: II. Air, "Air on G String" (arr. for violin and orchestra) (The 13th track in album 8.550194 "BACH, J.S.: Violin Concertos, BWV 1041-1043 (Nishizaki)")

🎼Wolfgang Amadeus Mozart
Divertimento in D Major for horns and strings K.334
1. Allegro
Artist: Musicians from Marlboro
The Isabella Stewart Gardner Museum, Boston
www.gardnermuseum.org
ラベル:ワイン
posted by nakai at 19:00| 奈良 ☁| Comment(0) | ならどっとFM:ランデヴDEなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

ミュージックフェスタinマクドナルドなら:人と音を繋ぐ場所で作って、歌おう♬

🎵Music Festa in McDonald's in Nara:音楽を通してたくさんの人たちと繋がりたい…☆彡
■日時:8月20日(日)14:00-17:00〜グランドピアノのちかくにフラッと来てね…
■会費:無料(飲食費は別途)
■場所:マクドナルド奈良店(近鉄奈良駅下車、東向き商店街の中ほど)
https://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29005244/
💫2011年4月の東日本大震災チャリティコンサートから毎月開催
🎸若い歌い手たちが自分で作った歌を熱唱する…

posted by nakai at 13:07| 奈良 ☁| Comment(0) | MUSIC EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする